エクスプローシブ勝ち上がり

福島の芝2600で愛馬エクスプローシブが勝ちました。

やれやれ。

 

函館で勝ち上がる予定が、もたもたしている間に

いまの時期までかかってしまいました。

 

それでもやはり勝ち上がりはうれしいもの。

レースの選択や、横山騎手の騎乗には感謝しかありません。

 

あとはもう少し馬体の成長が欲しい。

せっかくなので、もっと上を目指して 走れ~っ。

 

ペルシアンナイト 毎日王冠

ペルシアンナイトが毎日王冠に出走。

ということで現地応援です。

f:id:ishidatax:20191006151114j:plain

馬体は仕上がっているように見えました。

じんわり気合も乗っているようでいい感じ。

アエロリット、インディチャンプとはさほど力差があるとは

思ってません。ただダノンは3キロも軽いし、力関係は不明です。


f:id:ishidatax:20191006153341j:plain

レースではまずまずスタート決めてくれて、それほど

かかった様子もない。

これならと力入りましたが、それほど伸びず、大外から豪快に

ダノンキングリーにも差され4着まで。
 

悲観する内容ではありませんが、2、3着馬にはもう少し際どく

迫って欲しかった。5歳の秋、目に見えて力が衰えている分けでは

ありませんが次々に生きのいいのが出てきます。

何とかもう一花咲かせて欲しい。

 

次のマイルチャンピオンが、G1勝利のラストチャンスでしょう。

得意の京都で、豪脚を炸裂させてくれないか。

 

 

こちらも引退マセラシオン

マセラシオンの引退が発表されました。

ひょっとしてとは思いつつも、ちいと早いような。

 

ロックザボート、コーディエライトとここのところ

たて続けも、この仔の場合やりようによっては

と思っていたので。

 

昨日のレースも、先行よりも差しに賭けて欲しかった。

牝馬の26は長いです。

なので展開待ちのところはあったかなと。

 

ただ馬体の成長が思いのほかないのも事実。

そこを勘案してのことでしょう。

 

マセラシオン、お疲れさま。

続けて3頭か。

 

危ないのが2頭ほどまだいるけど。

 

コーディエライト引退

新潟千直、いまもっとも適性があると思われる舞台、

前をカットされたことがあるにしろ14着は負けすぎ。

 

そろそろかもと思っていたら、クラブより引退の発表が。

 

早熟を見込んでの出資でした。

桜花賞に出て見たかった。

 

未勝利を勝ち上がったあと、2歳重賞連続2着は

出来過ぎも楽しめた。ワクワクドキドキしながらの

遠征はやはりいいものです。

 

そこで積み上げた賞金で念願のG1出走、ジュヴェナイルと

桜花賞の出走は出資時の狙いどおり。

着順はご愛敬。

 

尻すぼみとなってしまって残念も、まあこれも競馬です。

繁殖ということなので、この仔と同じく早熟で、会員さんに

早くから楽しめる仔を出してくれるでしょう。

 

お疲れさま。

 

 

ロックザボート引退

ロックザボート引退繁殖入りとなりました。

 

ここのところのレースを見る限り、これ以上は

無理かなと思ってました。

 

父ファストネックロックの持ち込馬、

母父サドラー。競走馬としてはイマイチでしたが

お母さんとして頑張ってもらいましょう。

 

お疲れさま。

 

 

ペルシアンナイト、札幌記念

ペルシアンナイトの札幌記念出走。

日帰りのハードスケジュールで遠征です。

f:id:ishidatax:20190818153124j:plain

思ったより仕上がっていて、これならと思いました。

ここのところの凡走が力量低下でなければ、勝負になりそう。

 

レースではまずまず出てくれて、真ん中より前目を淡々と。

手応えよく4コーナーを回ってきたときは、これなら差し切れる!

と思いました。

 

ただ思いのほか伸びず、フィエールマンにも差され5着まで。


f:id:ishidatax:20190818155059j:plain

ここのところのストレスたまりまくりレースを考えると

まあ頑張ってくれました。力は見せた。

 

最後止まったのは休み明けか、それとも距離か

洋芝が合わなかったのか。

 

それ以上に気になったのが、ミルコの勝負に対する執念が

以前に比べ希薄になった感じがしたところ。

 

最近のミルコと川田の成績の差はそれかな。

 

 

 

 

コパカティ、連勝だ

昨日断然人気でファーツゥア、エクスプローシブの負けで凹む。

 

しかしコパカティがやってくれました

連勝で1勝クラスを卒業です。

 

洋芝が合うところもありますが、テンション高くても

距離延長したのがよかった。

 

これで一息入れて、秋に備えることになるのでしょう。

少し遅めのスタートも、お母さんがたどった道を

この仔もたどってくれるでしょう。

 

ファーツゥア、エクスプローシブも続いて欲しい。

 

インペリアルフィズは4着。

やはり左回りのがよさそうかな。

 

ブライトパスは、いつの間にか前の硬い感じに

戻ってしまっているのが気になる。

 

さあ来週は中京記念

ロワが一発やってくれるでしょう。